〜138cmの世界〜

黒田美帆 公式ブログ

実家に帰ったら、折り込みに入ってたよー!と見せてもらいました。

400769

産経リビングカルチャー(柏)の魔法のストレッチ講座(*^^*)
前回満席→増席につき、2期目です。

こんなに大きく掲載していただいてありがたい


今秋からは、よみうりカルチャーでも開催が決まり、当該地区には折り込みが入っています。
恵比寿アトレの講座
https://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201810-18111118.htm

あとこちらは以前からやっている、西武池袋本店のコミュニティカレッジ。
https://cul.7cn.co.jp/programs/program_834399.html

ちなみにカルチャー教室は、私は基本教えていなくて、大村佳子先生に担当してもらってるので、私から指導を受けたいという方は、新宿の本講座個人レッスンにいらしてください。


  



そんなこんなで、魔法のストレッチ講座の受講者は、すべての場所の開催を合わせると3000人位になるのですが、面白いことにこれがほぼYouTubeのチャンネル登録者数とリンクしているんです~。

ちなみに客層は全く被ってません(^_^;)
YouTube見て→ストレッチ講座来たりとか、その逆は99%ないのにです。

それでも、1,000人のタイミングも2,000人のタイミングも一緒で、加速度を増して、どちらも増えています(*^.^*)
嬉しい


でも、もっと嬉しいのは、個人的な感想やお礼をいただけることだったり、自分自身が良い変化をしていることだったりします。

宮崎駿さんが、何かのインタビューで、

「お金が儲かった!という喜びは一時的で、すぐになくなる。
自分が思ったような上手い絵が描けた!という喜びは数日続く」


というようなことをおっしゃっていて、超納得(゜-゜)(。_。)

数字的なことは確かに嬉しいけど、わりとあっさりと冷めてしまって、
自分の何かが改善した、あるいは他人をそうしてあげられた、という方が、ずっと”残る”感じの嬉しさがあります。

とは言え、色んなもの(フォロワー数、いいね数、高評価率など)が可視化・数値化される世の中なので。
つい数字を追ってしまいたくなることもあるのですが、
あまり数にとらわれず、むしろその中身&質を大事にしていきたいなーと思います



ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

お待たせしました(!?)
ようやく曲、アップできました

「もののけ姫」
キーはカラオケでいうと+5(原曲+3)です。



わかりやすく言うと、1オクターブ上の「ソ♭(ファ#)」まで音を使っていて、たぶん今までで一番高かったと思う。。
某動画と同じキーなのはただの偶然です。


******

実はもののけ姫は以前も公開していましたが、その出来に納得できていなかったのと、1番しか歌っていなかったので、今回はそのリベンジでもあります。

こちらが約2年前の歌です。
https://youtu.be/lAfFzzeb0TQ

この時は原キーでしたし、歌唱力も違うので、だいぶ印象が違うのではないかなと思います。
古い方の動画はしばらくしたら消すかもしれません。


というか、昔の歌は全て録り直したい。。


ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り


ブログもYouTubeも更新あいてしまっていてすみません

講座は相変わらず大盛況で、土日祝をメインに開催してます。

歌は、しばらく喉の調子が悪く、一部の音域がかすれたりして、なかなかレコーディングができないでいました。

ようやく治ったのですが、一時は対処を間違ってこじらせたりしたので、戒めも兼ねて、その原因や対策を書いておこうと思います。

のどの調子を崩した経緯


原因①クーラーや扇風機の多用
お店もクーラー効いてる場所多いし、家でも毎日クーラーを使い、なんなら扇風機と併用で寝てたりしてました。どちらも喉をからします。

対策→クーラーが効いているところではマスク着用。寝るときもマスク。
(※冬は加湿器を使います。)

原因②大きな声で話す
大人数の講座や、騒がしい場所で、大きな声で話すことがありました。
実は”しゃべる”のはとても喉を使う行為で、大声はさらに負担がかかります。

対策→大きな声を使いすぎない。

原因③練習のしすぎ
今までで一番高いキーを使った曲に挑戦していて、音域も高く、練習量も4倍くらいに増やしてました。

対策→練習する時間をしぼって、最小の練習で最大のトレーニングになるように試行錯誤しました。


****

歌い方としては、声楽では必ず言われる「のどを開く」歌い方を徹底しました。

聞いたことないという方のためにざっくり説明すると、

あくびをしてみてください。
のどがぐっと開くのがわかりますよね。


それに近い喉の形で歌うようにすると、響きの良い声が出るし、消耗しにくいのです。

また、歌っているうちに力が入ると喉が絞まるので、喉に手を当てて歌ったりして、常にその形を維持するよう心がけました。

****

レコーディング前や本番前で、あまり調子が良くない時は、医薬品の力も借ります。

私が使っているのはこの3つ。
どれもドラッグストアで手に入ります。

15338004369490

薬はなるべく使いたくありませんが、いざという時は効果を出してくれるので、頼りになります。

龍角散は、以前はのど飴をなめていましたが、粉の方が効くと言われて、缶入りのを買いました。

めっちゃ苦い(;>_<;)
(味が苦手な方は、ピーチ味とかも売ってます)

****

当たり前ですが、お酒もたばこも喉にはよくないです。

プロの歌手の方のストイックな話を聞くと、ほんとすごくて。(加湿器持ち歩くとか、お酒は年に1回とか。。)
そこまでではありませんが、私もYouTubeで声を褒めていただくことが多いので、なるべくいい状態を維持したいなと思ってます。

動画は今月にはあげられると思います(p^-^)p



ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

私の歌は「癒し」として聞いて下さっている人も多いようで、感謝のコメントをいただくことがあります。
(↑とても私のパワーにもなりますありがとうございます

最近、視聴者さんとコメントをやりとりする中で、「歌もいいけどもっと具体的に不安を減らす方法も教えてあげたい」と思うことがあったので、ブログでシェアします。

ddb2df2f.jpg

よく「メンタル強い」と誤解されがちですが、実は気にしいで、心配性なので、大人数の講座の前などは、強い不安に襲われることがあります。

「忘れ物したらどうしよう」
「スタジオが行き違いで取れてなかったらどうしよう」
「進行がうまくいかなかったらどうしよう」

みたいな。

100回以上やっていても不安になるし、失敗する夢を見ることもあります(;^_^A


でも恐れと不安を克服していこうというのが今年のテーマで。

色々試した結果、かなり不安になることが減ったし、なってもわりとすぐ鎮めることができるようになってきました。

そのポイントがこちら!

①何を不安に思っているのか書き出す。

②それに対する対処を全部書き出して、やれることはすぐやる。

③思いっきり不安になる時間を作ったら、あとは違うことをして忘れる。



一番まずいのは、もやもやした不安を抱えたまま、いたずらに時間を過ごすことです。

ストレスがかかった状態が続けば続くほど、当日のパフォーマンスは落ちるので、それなら悩まない方がマシ!!



でも、わかってても、どうしても頭から離れないから困るんですよね(;^_^


なら、あえて一度思いっきり考える


ここでのポイントは、
紙に書き出すことです!

頭の中で考えてはいけません!!
ループしちゃうから。

紙の方がいいと個人的には思うけど、文章にして吐き出すことが大事なので、メモアプリとか自分しか見ない鍵付きSNSとかでもOK。

これだけですでにだいぶ違うはず

その次に、考えられる対応策があれば書けるだけ書きます

そして、すぐにやれることはその場でやって、今出来ないことは、タスクリスト(紙でもデータでも)に書いておきます。

で、もう考え付くこともないし、今やれることもない!!ってなったら、全然関係ないことして、リラックスします(*´ー`*)

ここまでやってると、簡単に頭の切り替えできるハズ~

お試しください( ´∀` )b

ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

↑このページのトップヘ