〜138cmの世界〜

黒田美帆 公式ブログ

YouTubeのチャンネル登録者数が500人いきました(*^^*)
ありがとうございます!!
14959591016570

それから私のうたは、再生リストに入れて聞いてくれるパターンが多いみたいで。
(3000件以上のリストに入っているようです)

公開しているリストを見ると、「アニメソング」「ジブリ」などの他、「作業用」「子守唄」「ダイエット」(!)というのまであって、みんな色んな目的で聞いてるんだな~と思います。



私はぶっちゃけそんなに歌唱力はありません。
高音+ビブラートで雰囲気良く聞かせているだけです

私より歌の上手い人は、YouTubeに履いて捨てるほどいるのに、どうしてリスト登録率がこんなに高くなるんだろうと思ったんだけど、たぶん上手すぎないのが逆にさらっと聞けるのかなとか。

別にみんな「めちゃくちゃ上手い歌」が聞きたい訳ではないんですよね。もちろんそういうニーズもあるでしょうが。

それよりも「癒されたい」「気を紛らわしたい」「感動したい」みたいな、別の目的を持って曲を聞く人が多いのかもと思います。

私はアーティストではないし、歌で何かを主張したいとかはあんまりなくて。
自分はいい媒介になれればな~と思っています(*´ー`*)


とはいえ!
やっぱりもう少しは上手くなりたいので、レッスン続けますよう~( ≧∀≦)ららら~♪




ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

旅行が好きです!!

物欲もあんまりないし、美味しいものも高いお金を出してまでは…と思う方だけど、しばらく遠出をしないとそわそわしてきちゃうくらい、私の生活に必要なものっぽい。

今週は福島県いわき市に行ってきました♪

途中の道の駅で、お刺身と丼ご飯を買って海鮮丼を作って食べたり、
スパリゾートハワイアンズでフラガールを見たり。

すごく人気だって聞いてたけど、観てみて納得
ショーとしてもクオリティ高く、老若男女を楽しませる工夫はとても参考になりました。



「定番」「人気」スポットもいいけど、期待せず立ち寄ったところが思いがけず良かった!!というのが、旅の醍醐味。

今回のそれは「勿来の関」でした。
寝殿造の建物に、大きな庭がなんともいい雰囲気で。
14957638829280
刀剣乱舞好きな私には、『ここが本丸だとしたら~』妄想がはかどって仕方なかった(*´▽`*)

その先は遊歩道になっていて、松尾芭蕉や小野小町、和泉式部など数々の歌人がここで詠んだ歌の歌碑があります。
ここも気持ちよくて、、、
14957650314470
ついストレッチ(笑)!!!

まわりに人がいないと、どこでもストレッチする癖がついてるよ
自然の中でするのがまた気持ちいいんだな。。

おすすめです!!!

ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

美女と野獣を歌いました(*^.^*)
初ディズニー&初キー6つ上げ!



歌ったのは、アニメ版ポット夫人の歌う「美女と野獣」です。
素敵なイラストはカラルモさんより

実写の映画も観てきたよ~♪
面白かった!!子供から大人まで楽しめる作品でした。

美女と野獣はミュージカルも好きなのですが、朝の風景とか、ビーアワゲストとか、楽しい曲が多いですよね~

ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

本日、ヨガの先生が個人レッスンにいらっしゃいました。
(バレエやヨガの先生も、よく来てくださいます)

レッスン後に、膝の過伸展の話になり、面白い結論に至ったので、マニアックな話ですが、一部の需要ある方のためにシェアしたいと思います(笑)

ちなみに過伸展とは、このように膝が後ろに入る状態のことで、反張膝ともいいます。
higu

多少の差はあれ、プロのバレエダンサーの脚は、ほぼ全員この形になっています。
そうじゃないと、トウシューズで正しく立てないですし、綺麗に脚が上がっているようにも見えないです。

バレリーナX脚と言われるこの形(※通常のX脚とは全く違います)は、バレリーナを目指す女子達の憧れだし、私自身も憧れです。


しかし!!

ヨガをやっている方は、この過伸展はダメだと教えられているハズです。


バレエで美しいとされる形がどうしてヨガで禁止されているのか!?
疑問に思って調べたことがあり、大きく次の2つの理由であることがわかりました。

①膝の湾曲に”乗っかって”しまって、インナーマッスルが使えない↔引き上げができない。
②関節が柔らかくなりすぎて、ケガをしやすい



まず①について。
バレエのレッスンでは、引き上げは最重要事項の一つで、さんざん先生方も注意するところです。
なので、正しいレッスンをしていれば、バレエでの①は防げるということになります。


そして②について。
関節が柔らかくなりすぎてケガをするということは、確かにあります。

一般的の方はあまり関係ないかもしれませんが、「とても関節が柔らかい」+「その部分を酷使」すると=関節がズレやすくなります。

たとえば野球のピッチャーは、効率良く力を使って球速を上げるために肩関節を柔らかくしますが、そこを酷使をすると、脱臼に繋がります。

そして、バレエダンサーの膝などの怪我は、確かにとても多いです。

私の通っているバレエ教室は、有名バレエ団主演クラスのゲストダンサー・ゲスト講師が多いのですが、ケガの話はしょっちゅう聞きます。

新国立劇場のダンサーさんは、軽く膝をついて立て膝になった瞬間に激痛が起きて動けなくなったとか(普段から酷使されていたからだと思います)。

「パリの炎」を踊ったときも、相手の男性がちょうどKバレエのロミオとジュリエットで主役をされていて、足がかなり痛そうだったので、


「その状態で踊るの、つらいですね」


って言ったら、

「どこか痛いのは当たり前だから」

って言われました(;・∀・)

で、結論。


目的が違うんですよね。

ヨガは心身を健康にするため
バレエは美しく魅せるため



どっちが正しいとかではなく、そもそも目的が違ったんだ!!!


ということで、解決したというお話でした


考えてみたら、そもそもトウシューズなんて全く健康的でも安全でもないですから。

長時間はいてられないし、、
外反母趾になったり、足首痛めやすくなったり、、

それでもやっぱり私はトウシューズが大好き

PointeShoes

人の心を打つ美しさというのは、リスクをかけて生まれるものもあるのかもと思いました(゚ー゚*)

ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

リクエストいただいていた「君をのせて」を歌って公開しました



実は一番最初にYouTubeに出したのが「君をのせて」英語版だったのですが、色んなところが気になってきて、消してました。
ので、今回はリベンジ!!!
キーも+3に上げてます。

高音ばっかりやってたら、歌いやすい音域が変わってしまったみたい。。ボイトレの先生の方針なのですが。
最近はカラオケでも全部上げるようになりました。

イラストは、Merrill Macnautさん。
動画も作っていらっしゃり、YouTubeには自主制作とは思えないクオリティのアニメが上がってます。



宮城・仙台アニメーショングランプリ2016 復興部門でグランプリ受賞された作品です。
ぜひこちらも見てみてください~(^O^)


ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

↑このページのトップヘ