経歴を話すと「なんでもできてすごいね」といわれることがよくあるけど、全くそんなことはない。

持ってうまれた特別な才能もあんまりない。

ただ、いろんなことをやってきた分、自分が得意なことを多めに知っていて、苦手なことも同じだけ知っている、と思う。

だから、苦手なことは、努力できる部分はするけど、あとは避けるか人にやってもらう。

ただこの線引きはとても難しい。

苦手なことを、何度か工夫してトライしてみた結果、苦手じゃなくなることもある。




例えば運動。

私は昔から体育が苦手で、走ることは大嫌いだった。
でも、日々の「身体を使った実験」で、"歩くor走ることって、身体にいいんだな"と体感することがほんとに多くて。

まず睡眠の質が上がる。
すぐ眠れるし、ぐっすり眠れる。

頭も整理されて、いいアイディアが浮かんだり、問題解決の糸口が見つかったりする。

歌にも多大な影響があり、発声練習だけでボイトレ・レコーディングに行くときと、プラス長距離歩いてから行くときでは、声の響きが全然違う。

ほとんど歩いてない日に「今日は声の調子が悪い」って言われることが続いてから、2駅くらい歩いてから行くようにしてる。

雨の日は代わりにストレッチと筋トレめいたことをする。



それから、経理作業。

もともと算数/数学が大の苦手で、受験のときもダントツ点数が悪くて苦労した。
(一橋大社会学部を受けたのは、数学の配点が低かったからもある)

社長時代は、決算の時、数字が合わないー!わからないー!って毎年泣いてた(マジで)。

会社をたたんでからは、そのわずらわしさから解放されて、 

お金の計算しなくていいって、幸せだなー(*´ー`*)


と思ってたくらい。


ところが、色んな事情が重なって、とある会社の経理を手伝わなければならない期間があった。


数字を間違えたりしがちな私なので、不安だったけど、


結果、、


めちゃくちゃ勉強になった。。。


小規模な会社だけど、大きいプロジェクトが同時にたくさん走っていて、どこをどう整理するのか。
どうやってツール(accessとかExcelとか)を利用するのか。とか。

これ社長になる前に知ってたら、全然違っただろうな~(´∀`;)

今年から個人事業主になったんだけど、気がついたら経理がそんなに嫌ではなくなった。




ただ、どうしたって元々苦手なものは超得意にはなったりしないので。

走ったり歩いたりがおっくうになる時は定期的にある。

そういうときは、景色のいい道や普段行かないルートに行ってみるとか。
好きな曲をかけるとか。

色々工夫する。

経理についても、わからないことだらけだし、自分で調べていても頭が痛くなる。
だから得意な人になんでも聞くし、税務署に出す書類は作ってもらってる。


ただ、苦手なことを「できない」と最初から決めつけてやらないのは、自分の可能性を狭めてしまうと思う。


どういう形でなら、どこまでなら、がんばれるのか。
探る。実験する。

それでも苦手で嫌でどうしようもないなら、やらないというカテゴリに放り込む。

時間が経つと見え方が変わることもあるし。


できなかったことができるようになったときの達成感ってすごくて、癖になる(○´∀`人´∀`○)



ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り