〜138cmの世界〜

黒田美帆 公式ブログ

魔法のストレッチ

本日の魔法のストレッチ講座Ⅲも満員御礼でした
ほんとにありがたい。

Ⅲは上半身メインで、腰や肩回りを柔らかくします。



私自身、教えを始めてから、より一層身体が柔らかくなりました♪
人に伝えようと思うと、自分の理解も深まるんだろうなーって思ってます。

教えるの好き♡

魔法のストレッチ講座は、毎月Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを1回以上行っています。
詳しい日程はこちら

ご希望の日があれば、お問合せフォームからもご予約受けておりますので、ご連絡ください。



ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り


「価格.comマガジン」というサイトで、「ツイスター勝負! 体が柔らかい人同士が対決したらどうなる?」という企画に協力させていただきました。

こういう面白系の企画は初めてなので、少し不安でしたが(デイリーポータルZとか読むのは好きだったけど)、すごく良い出目が出て、とんでもないポーズを取ることができました(笑)


キャプチャ

軟体のポーズで、「気持ち悪い」とか「どうなってるの!?」と言われるのは、褒め言葉だと思ってる(´▽`*)

ニシキドアヤトさんの文章がめちゃくちゃ面白いので、よかったら見てみてください♪


最近、魔法のストレッチ講座にヨガやダンスの先生・インストラクター、ダンサー(を目指す方)の受講が増えてきました。

こちらは、ゴールドジムやティップネスで教えていらっしゃる柴田先生。
o0947054614147447971
3人でスプリッツ

一人一人に合ったストレッチを修得してもらえるように心がけており、なるべく個別の質問も受けているのですが、

その質問が、

「I字のスコーピオン(ビールマン)をやりたい」(チアの生徒さん)

とか

「腕を360度回したい」(バレエの生徒さん)

みたいにどんどんレベルが上がってきました

でも、高い要望でも満足してもらえるように頑張ってると、私の教えのレベルもどんどん上がってくるんだよねー。
私自身もどんどん柔らかくなるし。

魔法のストレッチ講座は、生徒さんに育てていただいております(*´ー`*)

ちなみにチアの子は開脚が190度位になりました~!!
脚が後ろにいってる状態

魔法のストレッチ講座を受けた人が、世界で活躍してくれたら、ホントに嬉しいです。


あ、一般の方がほとんどですので、固い方も安心して参加してくださいね!

→魔法のストレッチ講座はこちら

最近個人レッスンに来てくれた子のレッスン後の写真~
2959
すごくないですか((o(^∇^)o))


本人もお母様も、ここまでいったことない!!ってびっくりしてました。
20度くらい改善したかな。。

******

スコーピオン(上の写真はニードルスコーピオン←フィギュアで言うとビールマンの高難易度ver.キャンドルスピンのポジションですね)のコツは、前後開脚と腰のストレッチをしっかりやることです。

で、どのストレッチもそうですが、細分化してやった方がいいので、前後開脚のストレッチをまずやります。
それも、前に伸ばす形と、後ろに伸ばす形を、片足ずつそれぞれやります。

両足一気に前後に伸ばすよりしっかりと負荷をかけられ、力も抜きやすいので、実際早く柔らかくなります。

そのあとに腰を柔らかくするストレッチをして、最後にスコーピオンの形に持っていきます。

******

ざっくりと書きましたが、詳しくは、

前後開脚は→魔法のストレッチ講座Ⅱ

腰&背中の柔軟は→魔法のストレッチ講座Ⅲ

で教えてます♪

身体が柔らかい方、手っ取り早くこのポーズをやりたい方、お子さまは、個人レッスンをおすすめします。→個人レッスン

きちんとストレッチすれば、1回で身体変わりますよ~((o(^∇^)o))


ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

「昔から身体が柔らかかったんですか?」と聞かれることがあるので、ちょっとその辺の話をば。

私は小さい頃10才くらいまでバレエをやっていました。

なので一般的には柔らかい方だったと思いますが、前屈は嫌いで、スプリッツ(前後開脚)もずっとつかなかったので、バレエをやっている子の中では柔らかい方ではなかったと思います。

ただ一点だけ、腰の反りは生まれつき得意でした。
14865472559491

***


バレエを再開したのは、社長業をしていた24歳の頃。

仕事から離れられずに休日でもオフィスに行ってしまう私を見て、先輩経営者から
『仕事だと思って趣味をしなさい』
と言われて、"しぶしぶ始めた"のがバレエでした。


それがズブズブはまってこんなことになりましたが\(^o^)/(笑)



バレエで身体の柔らかさは上手さの基準でもあるので、早く柔らかくなりたくて、無理に押してストレッチをして、股関節を痛めたこともありました。

(※無理に押す、痛いストレッチをすることは、私の講座では推奨していません。ケガをしやすく、ツラくて続かないし、その上リラックスしてストレッチした方がよく伸びます。)

特に苦手だったのが、アンデオール(ターンアウト)と言われる、バレエ特有のあのがに股っぽい形。
股関節が全く外旋してなかったため、とても苦労しました。


***


まさか私がストレッチの先生になるなんて、自分も家族も友達も想像していませんでした。
今でも「どうして」と言われても説明できない。。(^_^;

というか、芸能プロダクションの社長になることだって、10代の私には全く想像の範疇外でした。
社長になろうと思ったことは1度もなかったので。

でも、
人生にはこういう思いもかけない展開があるから面白いよね(*´ー`*)



ブログのメニュー
プロフィール魔法のストレッチ歌&踊り

↑このページのトップヘ